みんなが驚く使い方

寝る子

手前の柵をオープン

赤ちゃんを育てるのは大変なこと。しかしそれ以上にやりがいがあるでしょう。赤ちゃんは何かある度に泣くことが仕事ですから、全部に付き合っているとママやパパには負担が掛かるもの。家事をやっている最中にベビーベッドに寝かしつけるなんてこともたまにはあるでしょう。
しかし、赤ちゃんはママから離れると不安がるものです。不安を解消する為に、ベビーベッドに寝かせながらも手前の柵をオープンさせてママとの距離を近づいてあげると安心しますよ。こうした工夫を凝らしたベビーベッドはママにも嬉しいと評判を集めています。

ママとの添い寝

ベビーベッドは、大人が立ったときに赤ちゃんを寝かせられるほどの高さがちょうどいいとされ、平均でも110センチ以上あると先に紹介しましたね。普段ならそれほどの高さでも充分ですが、一緒に添い寝したいというママには高さを自由に調整できるタイプがオススメ。
ママのベッドと並べておくと、夜泣きしたときにも添い寝したまま授乳できちゃいます。

キャスターで移動

デリケートな赤ちゃんが使うベビーベッドには何よりも安定性が重視されます。その為、柵は太めに、簡単に移動しないよう多少重みのある仕上がりになっていますが、中には家事しながらでも赤ちゃんを側にいさせられる、キャスター付きタイプまであります。
キャスターが付いていても強力なストッパーのおかげで、多少の揺れでは簡単に移動できないようになっています。ママっ子の赤ちゃんでも、これならいつでもママの側にいられるので泣きっぱなしにならずにすみますね。

発送スケジュールを確認

子育てや家事に忙しいママは、なかなか外へ買い物へ出ることができないもの。そんなときに赤ちゃんグッズを購入するなら、通販サイトを利用するといいです。サイト上には、いつまでの発送になるのかスケジュールを簡単にチェックできるようになっているので便利。

広告募集中